保護者の皆様へ

ホーム > 保護者の皆様へ

学校長メッセージ

松濤学園高等部 学園長
柳谷 杞一郎

松濤学園高等部を運営する松濤スクールグループは、1995年リーズナブルな授業料で質の高いレッスンを受けることができる声優・俳優の養成機関としてスタートしました。
半年遅れてプロの編集者・ライターを養成する「編集の学校/文章の学校」、2000年「写真の学校/東京写真学園」、2003年には、スタジオ実習中心のレッスンを特長とする「Hyper Voice」を開校しました。アニメ「ドラえもん」の、のび太役をつとめる大原めぐみをはじめとして、声優・俳優業界、出版業界、写真業界、テレビ・映画等で活躍する卒業生は優に1,000名を突破しました。

わたしたちが大切にしていることは、
「親に頼らず自分で払うことを目指す―リーズナブルな授業料」
「"プロ仕様の設備・環境で、プロの講師によるプロの現場体験"というキーワードのもと、本格的で質の高いレッスンを提供する」
「表現することの素晴らしさ、楽しさを全生徒に実体験してもらう」

の3点です。

「表現する仕事」は間違いなく楽しい仕事です。ただし、「表現する仕事」でお金を稼ぐことは容易ではありません。
当校の講師陣は、全員がこの仕事の面白さとお金を稼ぐことの難しさを知っているプロばかりです。だからこそ本当に必要なことを教えることができます。
松濤学園高等部は、中学卒業時点で、「表現することを仕事にしたい」と、決意した若者たちに、リーズナブルな授業料で、世に出るための実務教育トレーニングを提供したいと考え開校することになりました。
一人でも多くの若者が幸せな仕事を手に入れることを願ってやみません。